楽天がNFT事業参戦!!

NFT
スポンサーリンク

2022年春に楽天は「Rakuten NFT」を提供開始予定です!

楽天の参入はNFTの日本市場を加熱させる一因となるのか、気になって今年の春が待ちきれません。

今回の記事ではRakuten NFTについてわかりやすく解説します。

そもそもNFTってなに?という方はこちらの記事もあわせてご覧になってください。

スポンサーリンク

サービス内容

Rakuten NFTでは、2種類のサービスを提供予定としています。

1つはクリエイター向けです。NFTの発行から、販売サイト構築までを行えるプラットフォームです。

2つ目はユーザー向け。さまざまな分野のNFTを購入出来たり、個人間で売買したりできるマーケットプレイスです。

スポンサーリンク

決済方法

決済には楽天IDが利用できるため、今までよりも簡単にNFT売買が行えるようです!

そしてNFTを買う際、楽天ポイントを使用できる予定だそうです。

楽天ポイントを貯めてる人にはNFTの購入ハードルがぐっと下がる情報ですね。

ろんろん
ろんろん

楽天ポイントめちゃくちゃ貯めてるので、個人的に1番期待してるポイント!

スポンサーリンク

Rakuten NFTの狙い

現在、NFTは投資家達による投機目的の取引もとても多いです。

楽天はRakuten NFTで投資家などNFTに特別関心を持つ層以外の幅広いユーザーに利用してもらうことでNFTの市場を活性化させようとしているのかもしれません。

スポンサーリンク

課題

現在NFTは海外発のOpenSeaが1番のマーケットです。Rakuten NFTがマーケットとして使えるかどうかはOpenSeaとの明確な差別化が必要になります。

スポンサーリンク

Rakuten NFTが出来る前にNFT売買したい!

国内だけでもGMO、LINE、メルカリ、Coincheckといった大手資本が参入を表明しているNFT市場はこれからもどんどん過熱感をもっていくでしょう。

春まで待てない!今すぐNFTの売買をはじめたいという方は「Coincheckで仮想通貨(主要な通貨はイーサリアム)を購入。OpenSeaに登録してNFT売買をする。」これが1番のオススメで手っ取り早いです。

コインチェックとは仮想通貨の取引が出来るアプリです!
仮想通貨を取り扱うアプリは多くありますが、コインチェックは国内最多の取り扱い通貨を誇ります。

ダウンロード数も多く、初心者でも操作しやすいアプリです。

スポンサーリンク

最後に

まだNFTを持ってない方も、Rakuten NFTのマーケットなら買いやすそうだと思いました!

私自身もRakuten NFTを利用する予定なので、その時に使いやすさ等の感想をまた記事にします。

タイトルとURLをコピーしました