NFTの基本用語 わかりやすく解説!

NFT
スポンサーリンク

NFTが話題になっていますが、専門用語が多すぎると思いませんか?

この記事では、NFTの基本的な用語について解説していきたいと思います。

この記事はこんな人向けです
  • NFTの世界に飛び込んだけど、専門用語が多くてわからない
  • 基本的なところからNFTを学びたい

私がNFTについてもっと詳しくなりたい!と思った時には今よりもNFTが世間に知れておらず、用語の意味を調べるのも一苦労でした。

専門用語を調べるのに、更に知らない用語が沢山出てくる情報サイトばかりだと辛いですよね。

今回はNFTの世界に馴染みのない方でも用語の意味が分かるよう、簡単に解説しました。

ぜひ最後まで読んでいってください。

スポンサーリンク

NFTとは

NFT(non-fungible token)

  • 改ざんすることが出来ない、世界で唯一のもの
  • 所有者がはっきりしている

この2つをみたすデータのことです。

詳しくはこちらの記事にまとめています。NFTというもの自体をもっと詳しく知りたい方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

OpenSea(オープンシー)=NFTのマーケット

OpenSea(オープンシー)とは世界一のNFTマーケットです。誰でも売買することが出来ます。

世界中で使われているNFTの販売所なので、簡単に世界に向けて発信が出来ます。

しかも最近はアプリもあって非常に始めやすくなっています。

スポンサーリンク

ブロックチェーン=NFTの技術

ブロックチェーンとは分散してデータを記録することでデータの破壊や改ざんを極めて困難にし、障害によって停止しにくくなったシステムのことです。

「分散型台帳技術」を指し、一箇所ではなく分散型のコンピュータネットワークに、取引の最初から最後までのすべての順序を記録するものです。

NFTで使われるブロックチェーンはイーサリアム、ポリゴンなど様々な種類があります。

ろんろん
ろんろん

ブロックチェーンに関して、初心者の方はブロックチェーン=凄い技術!とだけ覚えてもらえれば大丈夫ですよ!

スポンサーリンク

イーサリアム=NFTのブロックチェーンの一種

ブロックチェーンのひとつです。そしてイーサリアムの中で使われる仮想通貨をEther(イーサ)と呼びます。

NFTを売買する際、イーサリアムブロックチェーンは使用している人も、入り込んでくる資金も多いです。

ただ手数料がとても高いのが難点。

スポンサーリンク

ポリゴン=NFTのブロックチェーンの一種

ポリゴンはイーサリアムとは別のブロックチェーンです。ポリゴンの中で使われる仮想通貨をMATIC(マティック)と呼びます。

ポリゴンの良いところはズバリ、NFT販売時にかかるガス代が無料になるところです。

デメリットは、使用している人がイーサリアムに比べてとても少ないことです。

ろんろん
ろんろん

私は軍資金が無いのでポリゴンを使ってNFT出品をしてみようと思ってます!

お金、自信、認知度(SNSフォロワーなど)などがある方はイーサリアムを使うのがオススメです。

スポンサーリンク

MetaMask(メタマスク)=お財布

メタマスクは仮想通貨のウォレット(お財布)です。オープンシーとも連携できて便利です。

「オープンシーでNFTを買う際、メタマスクに入っているイーサで支払いをする」この一連の流れがとてもスムーズに出来ます。

ウォレットには色々種類がありますが、メタマスクは群を抜いて利用者が多いです。

そのため何か分からないことがあっても、検索すればすぐに問題解決が出来るのも魅力の一つです。

そして嬉しいことに、メタマスクは誰でも無料で使えます。

スポンサーリンク

ガス代=手数料

イーサリアムのブロックチェーン上ではNFTの売買には基本的にお金がかかります。その手数料のことを「ガス代」と呼んでいます。

ガス代はNFTの売買が活発であればあるほど、高くなる傾向があります。

スポンサーリンク

mint(ミント)=発行

NFTを作成、発行したことを「mintしました!」と言います。

聞き慣れない言葉ですがとても良く使われています。

スポンサーリンク

Giveaway=NFT無料配布

NFTの無料配布のことです。エアードロップ(エアドロと略されます)とも呼ばれています。

クリエイター達はとにかく自分の作品を見てもらう為、SNSでGiveawayの企画をして宣伝しています。

試しに無料でNFTを手に入れてみたい方は#GiveawayとSNSの検索にかけてみるといいですよ!

ただし、ツイートのリツイート(拡散)やリプライ(コメントを残すこと)など、条件はクリエイターにより様々なので注意が必要です。

私もGiveawayの企画で5つNFTをいただきました。

ろんろん
ろんろん

どの作品もカッコ良いのでコレクション一覧をみてニマニマしています

Giveawayの企画はクリエイターの作品周知の為に行われることがほとんどなので、期間限定であることが多いです。

今後、クリエイターさんが凄く有名になってGiveawayで配っていた作品がプレミアに…なんてこともあるかもしれません。

スポンサーリンク

アドレス

NFTを送るのに必要なものです。初心者の方が勘違いする用語No. 1かもしれません。

例えば…好きなクリエイターのGiveaway企画に当選して、「アドレスを教えてください」と言われたら?

01234567☆♪◯×@docomo…

ろんろん
ろんろん

私も勘違いしました!そして、たまーに本当にメールアドレス送ってる人います(笑)

ここで教えて欲しいのはメールアドレスではなくメタマスクのアドレスです。

メタマスクを起動して

最初のページのここ(矢印先の文字列)をタップ

そうすれば簡単にあなたのメタマスクのアドレスがコピーできます。

後はペーストしてアドレスを伝えましょう。

スポンサーリンク

最後に

NFTの世界で使われる言葉は少し特殊です。

しかし、基本的な用語はそんなに多くありません。

今回ご紹介したものだけでも覚えてもらえれば、NFTについての会話に困らないと思います。

タイトルとURLをコピーしました